トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

『ミノタウロス』読書日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-04長編小説『スウィングしなけりゃ意味がない』、2017年3月2日発売!

長編小説『スウィングしなけりゃ意味がない』、2017年3月2日発売!

| 02:15 | 長編小説『スウィングしなけりゃ意味がない』、2017年3月2日発売! - 『ミノタウロス』読書日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 長編小説『スウィングしなけりゃ意味がない』、2017年3月2日発売! - 『ミノタウロス』読書日記

1940年代、ナチス政権下のドイツ、ハンブルクを舞台にした長編小説『スウィングしなけりゃ意味がない』。2017年3月2日、角川書店から単行本書籍電子書籍版が同時発売されました。

スウィングしなけりゃ意味がない(単行本書籍) スウィングしなけりゃ意味がない (角川書店単行本Kindle版)

巻末には佐藤亜紀本人によるあとがき「跛行の帝国」が掲載されています。参考文献・資料も記載されているのでじっくり確かめたいところ。単行本と同時発売された電子書籍版では、特典としてこの「跛行の帝国」の「紙では載せきれなかったロングバージョンを収録*」とのことです。

この作品に関する情報を下記にまとめています。

初出について

この作品の初出は雑誌「文芸カドカワ」(カドカワ)連載でした。

  • 2016年4月号(2016年3月配信)〜2017年1月号(2016年12月配信)最終回の全10回掲載されました。
  • このたびの単行本化にあたり加筆・修正されています。

掲載雑誌など詳しくは、→小説『スウィングしなけりゃ意味がない』初出について をご覧ください。

サウンドトラック

参考動画

Hamburg 1948 - Rare Footage in color and HD - YouTube : https://www.youtube.com/watch?v=Qpu-zqDbnN0

2016-03-10

小説『スウィングしなけりゃ意味がない』 雑誌「文芸カドカワ」(カドカワ)にて連載開始

| 19:29 | 小説『スウィングしなけりゃ意味がない』 雑誌「文芸カドカワ」(カドカワ)にて連載開始 - 『ミノタウロス』読書日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 小説『スウィングしなけりゃ意味がない』 雑誌「文芸カドカワ」(カドカワ)にて連載開始 - 『ミノタウロス』読書日記

佐藤亜紀の新連載小説『スウィングしなけりゃ意味がない』第1回が、2016年3月10日、雑誌「文芸カドカワ 2016年4月号」(カドカワ)に掲載されています。【イラストレーション】は信濃八太郎さん。

第1回は、1939年ナチス政権下のドイツ、ハンブルクが舞台。

文芸カドカワ 2016年4月号<文芸カドカワ>

デューク・エリントン・オーケストラ「スウィングしなけりゃ意味がない」

It Don't Mean A Thing(1932年)

「Pick Yourself Up」

フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースの映画『有頂天時代』Swing Time(1936年)より

2016-01-27

長編小説『吸血鬼』、2016年1月25日、講談社から単行本発売!

| 00:58 | 長編小説『吸血鬼』、2016年1月25日、講談社から単行本発売! - 『ミノタウロス』読書日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 長編小説『吸血鬼』、2016年1月25日、講談社から単行本発売! - 『ミノタウロス』読書日記

19世紀ポーランドを舞台にした長編小説『吸血鬼』、講談社から単行本が発売されました。

吸血鬼

ミルキィ・イソベさんの装幀、美しいです。背文字や表紙タイトル文字、著者名が特殊印刷で盛り上げになっていたり……。

帯文は皆川博子さんによる。

吸血鬼