トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

『ミノタウロス』読書日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-11-08

佐藤亜紀『醜聞の作法』(講談社)電子書籍版配信開始

| 19:10 | 佐藤亜紀『醜聞の作法』(講談社)電子書籍版配信開始 - 『ミノタウロス』読書日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 佐藤亜紀『醜聞の作法』(講談社)電子書籍版配信開始 - 『ミノタウロス』読書日記

佐藤亜紀の書き下ろし長編小説『醜聞の作法』(講談社、2010年12月)の電子書籍版が講談社より発売、本日、各電子書籍配信サイトにて配信開始されました。

 人間は驚くほど変わらない。

 アルファブロガーとしてのヴォルテールを想像するのは簡単だ。彼のブログ記事一 本でカラス事件は大炎上する。wiki形式で編纂される百科全書を想像するのはそう難 しくない。サーバーを転々と変え、イエズス会のハッキングと戦いながら執筆者相互 の不和対立を宥め続けるディドロの苦労が偲ばれる。ルソーのDQNぶりには必ずや匿名 掲示板にヲチスレ(監視スレッド)が立つだろう。そして勿論その周囲には無数の「住 民」が生息し、ブログ代りにパンフレットを書き、Twitter代りにカフェに屯しては風 聞を「拡散」し、お上やお上品な物書きからは蛇蝎の如く忌み嫌われるだろう。

 フランス革命は、そうしたお下劣な擬似ネット環境から生まれて来た。その怖さ も、危うさも、表裏一体の生産性も、ある意味繰り返しに過ぎない。とすれば我々は またも混沌たる「近代」の入り口に立っているのだ。

お探しのページは見つかりませんでした|講談社BOOK倶楽部

電子書籍版配信書店(2013年11月8日現在)

Kindle版

asin:B00GD6EUU6